春日井の整体は「ふじさん整体院」口コミで評判の技術力

坐骨神経痛

この坐骨神経痛
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

坐骨神経痛

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 痛みとしびれで足に力が入らなくなることがしばしばある
  • 病院で坐骨神経痛と言われた
  • 腰から足にかけてシビレ・痛みが1カ月以上続いている
  • ボルタレンやロキソニンでごまかすことが続いている
  • 右足の太ももから足先にかけての痛みが生活の邪魔をしておっくうになる
  • 長時間立っているのがつらいことが多くなってきた
  • 座っていたら大丈夫だが、立ち上がったらすぐに指先が痺れてくる
  • ふくらはぎの外側がズキズキと痛みが出てきている
  • 整骨院や整形で牽引や電気治療をしたが、一向によくならない
  • ごまかしながら一生この坐骨神経痛と付き合っていくものと諦めている

fuji_36 そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

お客様の喜びの声
\信頼の証です!/

 

「対症療法ではなく根本から治して痛みのない生活を送りたい」

後藤さん

股関節痛と坐骨神経痛で右足の痛みがひどく、10件以上の治療院に行っても良くならずこちらへ来ました。歩くことを教えていただき、治りたい一心で歩きました。しばらくはこんなに痛いのに歩いて大丈夫なのかと不安もありましたが、先生を信じて続けました。半年過ぎた頃に結果を実感できるようになりました。足の痛みも楽になり頭痛肩こりも歩いていればなくなります健康診断では血圧、眼圧、コレステロールなど全て良くなり、思わぬ結果に感謝です。
対症療法ではなく根本から治して痛みのない生活を送りたいと思われる方にお勧めします。

(後藤 東子様 50代 女性)

「しびれなくなりました。」

最初腕の痛みで来院しましたが、ていねいな診察で何度か通ううちに治りました。
突然足がしびれるようになり、病院での診察で脊柱管狭窄症と言われショックを受けました。
しびれがあると出かけることもおっくうになりましたし仕事も続けたいことを西川先生に相談し
骨盤の治療と自宅でできる体操や歩き方を教えていただきました。
長時間座っているとしんどいですが、しびれなくなりました。これからもメンテナンスに通います。

(橋本直子様 40代 女性)

※効果には個人差があります

「痛みもなくなりスッキリ起きれるようになった」

K.Kさん

坐骨神経痛と診断されて、左足のつけ根に激痛がありました。こちらに通うようになり朝痛みですぐ起きられなかったのが起きられるようになりました。5歳の息子とも遊んであげられるようになりました。ありがとうございます。

(K . K様 30代 男性)

「親切に説明しながら治療をしてくださり安心です。」

他の院に通院していましたが、当院に通院14回程で痛みが8割方なくなり、楽しみなゴルフが再度可能になる気がいたします。
あと2年程ゴルフを楽しみたいので先生にお世話になり通院を続けたい。お願いします
特に先生が親切に説明しながら治療をしてくださり安心です。

(村上 先様 80代 男性)

※効果には個人差があります

 

 

推薦

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも
坐骨神経痛が
改善
されるのか?

 

他で良くならない理由

39b9752cb2393faf69881759cb4df343_s

もしも、他の病院や整骨院、マッサージなどに行っても、坐骨神経痛が良くならないのであれば今から下記の治療方法を現在行っていないかチェックをしてください。

そして、行っているのであれば、今すぐ中止してください。良かれと思って行っている治療が、逆に体の治癒力を妨げて治りづらくしてしまいます。

 

下記のような治療法は坐骨神経痛の治りを妨げている可能性があります。

(1)コルセット

(2)病院や接骨院でおこなう電気治療

(3)牽引治療

(4)マッサージ、指圧

(5)湿布、痛み止めの薬

(6)手術

(7)ストレッチ・ヨガ

 

これらの治療は果たして本当に有効なのでしょうか。

 

(1)コルセット

 『固定することが当たり前』 痛みがあるときには、この考えが多くの先生の頭の中にあります。理由は、骨折や脱臼・ねん挫などは安静にして治すという考え方があるからです。動きの中心である腰が固定されてしまうと体全体で動かすことができず、不自然な動きを強いられることになり、もともとの症状に合わせた症状が出てくることすらあります。

そもそも、腰は固定させてはいけません。継続使用することで筋力の低下を招き、腹腔内圧力を高めてしまったり、原因の一つである炎症を温めることで取れる痛みも取れなくなってしまいます。

 

(2)病院や接骨院でおこなう電気治療

 電気治療の目的は、あくまで表面的かつ、一時的な痛みをとることです。

基本的にこれらの電気治療の目的は痛みの緩和・除痛です。どこを狙って電気を流すのかというと、おもに筋肉・痛覚を感じる神経に対して行われます。

しかし、痛みの原因を探ると、筋肉や痛みを感じる神経だけでなく、関節や骨盤、脳の動作制御など様々な原因が考えられます。すべての原因にアプローチせずに痛んだ箇所に電気をあてても、一時的に良くなってもまたぶり返してしまいます。

 

(3)牽引治療

 牽引治療が有効なのは特殊事例だと言われています。

牽引治療のはじまりは、『炭鉱夫』と呼ばれる職業において落石で頭や頸椎、背骨などに衝撃が加わり陥没した際に使われていた治療法です。しかし、現在の臨床現場ではどうでしょうか? 落盤・落石事故はほとんど発生するものではありません。それだけではなく、最新の研究によると、牽引による力のかかり方が関節の動きを悪くすることがわかっています。陥没骨折をしていないのなら、いますぐ牽引治療はやめてください。

 

(4)マッサージ、指圧

 体の不調の原因は筋肉だけにあるわけではなく、関節や骨盤、動きを制御・出力している脳との連動した絶妙な動きの中に痛みや症状の要因が含まれています。

むやみに筋肉がほぐれるまで筋肉ばかりにアプローチしていくだけではなく、まずどこに原因があるのかを探ってご自身にも理解して頂いた上で、まず、原因を見極め、それに合わせた必要な施術をしていくことが肝要といえます。いつまでもマッサージをして少し軽くなり、また痛くなるからマッサージ……という負のスパイラルにはまってしまいます。

 

(5)湿布、痛み止めの薬

 現在、シップには大きく 冷感湿布温感湿布消炎鎮痛剤テープ  というタイプがあります。それぞれ冷温どちらもある理由は、痛みがあるときには初期症状には冷やして、炎症が消えてくる炎症期を過ぎた頃には温めるのがよいと言われています。それゆえに冷温両方用意があるのです。

なかなか良くならない痛みの場合、痛みの発生している患部に原因があるとは限らないのです。痛みを改善するためにはもちろん、まずは炎症を取り除くことですが、その次に炎症が出てしまった原因をとらねば、体のちょっとした使い方で症状を何度でも呼び起こす可能性が大いにあります。これがクセになっている状態といえます。それだけに、シップではまた痛みがぶり返してしまいます。

 

(6)手術

 外科的処置や手術は『最後の砦』と思われている方は少なくないのではないでしょうか?  手術にも様々なものがありますが、数年経っても再発しにくい手術と再発しやすい手術があるのですが、それぞれ……

①原発性対応原因除去手術

明らかに、原因が手術領域に由来し、それを取り除くことで原因と対応が同時に行えるもの。

②非原発性対応選択的手術

複合的な要因を取り除かず、その手術を行わなければ治らないからといった消去法的に行うもの

 

骨折など、原因が明らかな手術は①に当たりますが、それ以外の観血的な多くの手術は、②の手術で、その症状が出た理由ではなく、それ以上痛みや症状による苦痛を広げないために、ひとまず病巣を取り除こうという消極的な理由から行います。例えば変形性関節の手術や、1年以上続く症状や痛み対するものへの手術がこれにあたります。

この場合、どうしてそうなってしまったのか? という原因を突き詰めるように追わずに、痛みにつながる部分だけを手術してしまうために、数年たった後の同じ部分や周辺の領域、あるいは違う部位に症状が移動してしまうのです。

一番大事なのは、坐骨神経痛の本当の原因にアプローチできるかどうかです。そこについては後ほどお話します。

 

(7)ストレッチ・ヨガ

 ストレッチとは『伸ばす』という意味です。

筋肉は伸ばしすぎるとプツンと断裂する恐れがあります。しかし身体の場合はそういった事故を未然に防ぐための仕組みを持っていて、あらかじめどこかが壊れそうになると、動きに痛みとしてブレーキをかけさせるか、伸ばされたあとに反射としてさっき伸ばされた時よりも、縮めて切れないようにと防御反応を示すのです。これを繰り返し行った場合、筋肉や関節は柔らかくなるばかりか、かえって硬くなってしまうことさえあります。

それだけではありません。痛い関節や周辺の場所をストレッチをした場合、それ以上関節や筋を壊すまいと、身体が起こした防御反応を破ってしまい、関節内に牽引性の力をかけることになり、関節を壊してしまうおそれさえあります。

痛みのある状態では筋肉や関節を硬くしてしまい、症状を悪化する恐れがあります。

 

 もし、他の整形外科や整骨院、マッサージなどに通い続けて1か月経過しても、坐骨神経痛の痛みが軽減しないようなら治療法が間違っています。

坐骨神経痛は、治りにくい症状ではありません。

もし、坐骨神経痛を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、痛みがあまり変わっていなくてむしろひどくなっているというのであれば治療方法が間違っている可能性が高いです。

坐骨神経痛は正しく対処すると、痛み止めの注射や薬を使わなくても痛みやしびれが出てこなくなります。

もし、数か月も、数年も坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、今から下記の治療方法を現在行っていないかチェックをしてください。

そして、行っているのであれば、今すぐ中止してください。良かれと思って行っている治療が、逆に体の治癒力を妨げて治りづらくしてしまいます。

 

 

症状についての説明&原因

kirei-17-11-15-93

残念ながら現代医学では坐骨神経痛に対しての治療法はまだ確立されていません。「なぜ坐骨神経痛になるのか?」という原因すら、医師や治療家によって見解が違います。

当院には、複数の病院、治療院を回り、様々な先生に色々なことを言われ試してみたにもかかわらず痛みが取れず、わらをもつかむ思いで来院される患者さんがたくさんいます。

そして、私はその度に患者さんの症状歴、治療歴を詳細にお聞きして記録していますが、医師や治療家の先生方の、坐骨神経痛に対する考え方、症状を悪化させている治療方法には驚かされます。逆に体を壊しているような感覚すら覚えてしまいます。

「注射を打ったらよくなるんですけど、時間が経つとまた元に戻ってしまいます」という話をよくお聞きしますが、痛み止めを打って痛みが楽になるのは、治っているのではなくて、痛みを一時的にマヒさせているだけです。

例えば、虫歯で歯が痛い人に、麻酔を打つと痛みを感じなくなります。それは虫歯が治っているのでしょうか?

もちろん麻酔を打っているから痛くないだけなのですが、それを「虫歯が治った」と勘違いをして、虫歯の治療をしなかったら、どんどん虫歯がひどくなってしまいますよね。注射の効果が切れたころには、もっと痛みがひどくなっているかもしれません。

坐骨神経痛の注射も同じです。痛みがないことを「治った」と勘違いして、負担をかけてしまうと、坐骨神経痛を慢性化させてしまう可能性があります。

 

原因1:腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因のほとんどは、腰椎間板ヘルニアだといわれます。

<メカニズム>

腰部の背骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があります。さらに、椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできていますが、何らかの原因で繊維輪が断裂し、そこから髄核が飛び出して見える状態を『ヘルニア』といいます。しかし、椎間板自体の弾力はゴムのように柔らかいため、少しくらいの飛び出しくらいでは、直接神経を圧迫することはありません。

ではなぜしびれるのでしょうか?

これは正座や足を組むなどした時に足がシビレるのとよく似ています。正座したときに足がシビれる理由は、おしりから足に続く神経が上半身の重みと引き伸ばされたことによって神経の伝達に異常が生じて結果シビレとして出てしまう。

これと同様で、腰椎の土台となっている仙骨という骨盤の中央に位置する骨が、重力に対して傾きが生じると、その上の腰椎も合わせてバランスをとったカタチで傾くため、腰椎の横を走る神経は、左右で引っ張られる力が変わります。左に腰椎が傾けば、右の神経は引き伸ばされ、正座のごとく引っ張られ、痛みやしびれにつながります。また、反対も同様です。

<診断>

一般的にはMRI検査で診断できることが多いです。MRI検査ではっきり診断ができない場合や手術が決まって詳細に検査する場合には、腰椎に針をさして造影剤を入れて脊髄造影という検査を行います。

当施術所での診方は、土台となる仙骨の傾きをみるため、重力に対してどう身体が対応しているのかをまず歩行での動きをみていきます。そのあと、バランス検査をし、日常どのようにバランスを取っているのかを確認していきます。そのあと、骨盤と大きな関わりのある股関節の動きをみていきます。さらに、全身の重力を感知している各関節のねじれと傾き、動きを確認した上で、正常な歩行からどう外れているのかを探るという診方をし、診断名をつけるのではなく、本質的な問題をみつけていきます。

 

原因2:腰部脊柱管狭窄症

<症状>

安静にしていると痛みはあまりありませんが、歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れます。そのため、10分以上連続で歩けない、しばらく休憩するとまた歩けたりということを繰り返します。このような歩行は間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれ、脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。

そのほか、足の筋力が低下したり、知覚障害や膀胱の障害(トイレが近くなる、回数が多くなる、尿が残った感じがあるなど)が起こったりする場合もあります。

<メカニズム>

神経が通る管の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形などによって狭くなり、神経を圧迫し神経が引き伸ばされると症状が発生します。腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。同じように脊柱管内が狭くなっていても若い世代に症状があらわれにくく、中高年に出やすい理由は、脊柱管内の細胞の脱水が考えられます。これは加齢によるものが多いですが、赤ちゃんは体内水分量は80%近くで、80歳を過ぎた方では60%の水分量に迫る数字があります。見た目でも分かりやすく違いをしるすべはあります。若年層の水っけの多さがシワや水弾きの違いを考えると、理解に難しくないと思います。その差は、目には見えない身体の中の細胞のミイラ化・・・つまり細胞内脱水状態です。

<診断>

MRI検査で診断できることが多いです。MRI検査ではっきり診断ができない場合や手術が決まって詳細に検査する場合には、腰椎に針をさして造影剤を入れて脊髄造影という検査を行います。

 

 

当院での改善法

kirei-17-11-15-59

背骨と背骨の間が狭くなり脊柱管内の圧力が上がり、痛みが出ているのであれば、まずはそこの圧力を落とすようアプローチします。これは、脊骨全体が動く際、連動した捻じれや縦の動き・横の動きがあるので正常に動きが出るようにしていきます。そのために必要なことは、背骨全体が一体となって大きく動くために土台となる骨盤の動きや傾きが重要です。

この動きの改善のためには、ただ単に外見上のズレや歪みを見るのではなく、関節している部分のなめらかな状態を改善していきます。これを潤滑させるといいますが、この潤滑状態が作られた上で、痛みや症状で守ろうとして固くなってしまった周辺の筋肉や、それらを機能的につなぐ、筋連帯・筋膜といった部分にも動きの制限に繋がっているのであればそれらを解除していきます。時間経過が経つほどに、お尻まわりの筋肉や椎体にある軟骨などの柔らかい組織は変性といって元の状態とは違った組織変化を起こし、回復まで時間が掛かってしまいますので症状が出始めて、湿布や薬などで状態を観察するのではなく早目の対策が必要になります。

背骨や関節、筋肉の動きを滑らかにして行き、正しい運動療法を正確に行うことによりいち早く正しい体の再生をして行きます。
また、正しい運動療法はアドバイスの中に組み込まれています。来ていただいている時に行うものもあれば、ご自身で取り組んでもらうものまでありますが、実際の施術中心に体力や変化量・症状との兼ね合いに合わせた必要量に応じて選んでいく、オーダーメイド的施術を行います。

 

 

rd-bnr1

 

9月28日までに
\ご予約の方に限り/

坐骨神経痛を根本改善
トータル整体

2セット 1,980円
(通常1回 6,480円×2回=12,960円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
⇒あと3

 

0568373722予約フォームへマップ

 

 

なんで2回で
1,980円なの?

困った女性

  • 1回ではあまり効果が実感できない。。
  • 他との違いが良くわからない。。

など、確かにたった1回の施術で効果をはっきり実感できることは少ないですし、「ここで任せて通ってみよう」と決断するのも難しいと思います。

そこで当院は、2回1,980円で施術を試していただく事にしました。

これなら当院の施術があなたに合うかどうか、費用の負担をあまり気にせず試せると思います。しっかり頼れる治療院かどうか、判定してみてください。

 

 

あなたはこの整体を
受けることができない
かもしれません

kirei-17-11-15-60

ここで残念なお知らせがあります。
もしあなたが、

  • その場だけのリラクゼーションだけを求めている
  • 少し痛みが紛れればいい
  • とりあえず安いところを探している

このようにお考えでしたら、当院の整体を受けていただくことができません。

なぜかというと、あなたの求める整体と私たちの提供する整体がそもそも違っていた場合、せっかく来ていただいてもお金と時間の無駄になってしまうからです。

そうではなく、もしあなたが

  • この痛みをなんとかしたい
  • 本気でこれからの人生、健康に気をつけたい
  • 技術の高い治療院で施術を受けたい

このようにお考えであれば、まさに、ふじさん整体院はあなたの探し求めていた場所です。ぜひ一度、相談してみてください。

 

 

メディア紹介

 

 

他院とはどこが違う?

fuji_36

ふじさん整体院の
7つの特徴

 

1. 初回約30分のカウンセリング&検査で徹底的に原因を特定

kirei-17-11-15-40

痛みの本当の原因を見つけ出すことが根本改善への第一歩です。一つ一つ徹底的に調べます。

 

 

2. 専門用語は一切なし!丁寧で分かりやすい説明

kirei-17-11-15-88

あなたの痛みがどこから来ているのか、分かりやすくご説明します。わからない所があれば気兼ねなくお聞きください。

 

 

3. 経歴10年以上の院長がオーダーメイドで施術

kirei-17-11-15-81

これまでのべ5万人以上を感動させた院長自らが施術。豊富な知識と高い技術を駆使してオーダーメイドで施術します。

 

 

4. 春日井市 初!整体×骨盤矯正×食事×セルフケアの知識で徹底改善!

kirei-17-11-15-93

整体だけでは根本改善できない症状もあります。クセや姿勢・食事・筋力低下など全てを整えるのが徹底改善の近道。豊富な知識を持つ院長が徹底的にアドバイス。

 

 

5. 痛くないソフトな施術のため、お子様・妊婦の方も受けられます

kirei-17-11-15-64

当院の施術はお子様からご年配の方まで受けて頂ける、身体に負担の少ない整体です。バキバキ・ボキボキしませんのでご安心ください。

 

 

6.再発予防の為のアフターフォローが充実

kirei-17-11-15-85

更なる施術の効果UP&再発予防のため、自宅で簡単にできる日々のセルフケア方法も
お伝えするので、ご自身でメンテナンスをして快適な状態をさらに持続させられます。

 

 

7. 完全予約制で、お待たせ致しません。

kirei-17-11-15-10

お客様をお待たせする事が無い様、完全予約制を採用。安心してお越しください。

 

 

当院の技術を
多くのプロの治療家
推薦しています!

 

「こんなに真剣に患者さんと向き合う先生は他にいません!」

大黒整骨院・整体院
院長
大黒充晴

『 こんなに真剣に患者さんと向き合う先生は他にいません! 』

大阪府枚方市で大黒整骨院・整体院を運営しております、大黒充晴と申します。
西川先生とは、ある勉強会で知り合いました。初対面の印象は、すごく真面目で治療に対して真剣に向き合っている感じがすごく伝わってきたことを覚えています。
そして、分からない所は放っておかず、すぐに質問をして知識への貪欲さも人一倍といった感じでした。そんな勉強熱心な姿勢は、必ず患者さんに対しても同じです。患者さんと真剣に向き合い、患者の目標に向かって一緒に歩んでくれる、そんて最後には悩んでいた症状を解決してくれる。そんな頼りになる先生が西川先生です。
今、この文章を読んでくださっている方で、日常生活に支障が出るぐらいに痛みなどで悩んでおられる方、色々行ったけど良くならないから諦めている方、西川先生の施術方法は、マッサージやボキボキ矯正などとは違い、他では受けることができない治療です。よって今までとは違う結果が出る可能性は十分に考えられます。
勇気を出して西川先生に一度相談してみてください。
その勇気を西川先生は必ず受け止めてくれますよ。

「温かく素晴らしい先生です。」

ふみ整骨院
院長
東野史裕

兵庫県加東市で整骨院を経営しております東野史裕と申します。私が西川先生と知り合ったのは、GTA治療技術勉強会でした。先生の第一印象は初対面の方に対しても優しくて、絶えず満面の笑み。その笑顔で自然と人の輪が出来ていくのだろうなと思いその人柄に益々魅了されていきました。
西川先生は関節及び筋肉組織の潤滑を運動療法によって回復させる治療をしておられ、高度な技術を習得されて、また学ぶ意識がものすごく高い先生でもあります。
勉強会でも先生の話している内容に途端に引き込まれ、それまでの私の考え方のさらに上をいく内容で私自身も勉強させていただいております。
勉強会にご一緒させていただいてからも温かく接して頂き、技術的にも人間的にも全てに参考にさせて頂きたい本当です。私ももっともっと色々な事を吸収させて頂きたいと考えておりますので、もし何か身体のお悩みをお持ちの方は西川先生にお任せし、飛び込んでみてはいかがでしょうか?是非お薦めしたい先生だと考えています。

「その場しのぎは嫌、根本的に身体の不調を積極的に改善したい方」

とみみつ整骨院
院長
冨満幸吉

名古屋市名東区で接骨院をやっております、冨満と申します。
資格取得から23年、開業して18年になります。

西川先生は
「その場しのぎは嫌、根本的に身体の不調を積極的に改善したい方」に
おススメ出来る先生です

西川先生とは治療セミナーで知り合いました。
私が西川先生にもっとも感心するのはセミナーに積極的に参加する姿勢です。

一日でも早く知識、技術を吸収し治療現場に生かそうと通常の自分のクラスより一段階上、
二段階上のクラスへと積極的にセミナーに参加して患者さんに還元しようとする行動は頭が下がります。
そしてセミナー講師への質問や施術方法の確認などで患者さんへの想いが伝わります。

他の医療専門機関での検査も大切です。しかし、画像検査では現れない痛みの原因もあります。
西川先生の信頼できるところは、問診による痛みの原因の推測、身体の動き、歩行の観察、
検査や触診による痛みの原因の追及。
問診と観察、検査、触診の擦り合わせによる痛みの原因の解析。
そして原因や症状に適した安心、安全な施術。

症状改善は患者さん自身の痛みに対する取り組みも凄く大切で、
痛みは施術者と患者さんの二人三脚で改善します。
患者さんが自宅で行える運動のアドバイスもしてくれます。

春日井市不二町または不二町近辺の腰痛患者さんで他院での改善がいま一つと
思われている方、根本的に改善を望んでみえる患者さん、
西川先生のところへの来院を迷わずおすすめします。

 

 

rd-bnr1

 

9月28日までに
\ご予約の方に限り/

坐骨神経痛を根本改善
トータル整体

2セット 1,980円
(通常1回 6,480円×2回=12,960円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
⇒あと3

 

0568373722予約フォームへマップ

 

春日井市で整体を受けるなら「ふじさん整体院」へ PAGETOP